H-Fushiko_024_210812_DSC6404-HDR.jpg

代々木町の家

2017

市内でも比較的古い住宅が立ち並ぶ住宅地。隣地から一部を買い取った22m×11m程の南北に長い土地で東側隣地には大きな庭がありこの庭はこの住宅地の中では比較的広く緑が占めている部分である。敷地を見た際に隣地ではあるものの周囲をできるだけ住宅へ取り込む事を念頭に考えた。
東側隣地の庭と一体になるよう建物を西側に寄せ、南北に長い敷地幅いっぱいに細長いボリュームを確保し敷地東側に大きく庭と駐車スペースを取り冬場は積雪が多い地域の為雪の退避のスペースとしている。
細長の矩形に対し内部の構成は水回りと一部収納、階段室を入れ子状に配置しその隙間に自然とできた場所をリビングや部屋とし、内部は仕切はあるもののワンルーム的な構成とし奧行を感じることができる空間とした。開口は視線が通る位置に計画しリビンクの連続窓からは自身の庭越しに隣地の大きな庭を借景する。初期の打合せより「長さ」ということがテーマに挙げられた。細長の矩形がもたらす実際の長さ、窓の配置や平面構成より視線の奥行を感じさせることによる感覚的な長さを表現し、回遊性のある平面からは導線の選択肢を増やす。内部歩くことで街中の路地を歩くような感覚を日々の生活でその関係性を楽しめる生活を与える場としての家を目指した。

北海道 江別市

用途:

住宅

建築面積:

延床面積:

構造:

新築

工事種別:

Qukan×Takase

 

撮影:

佐々木育弥

 

在来木造2階建

敷地: